読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

ブルーです

理由はないけど、ブルーです。
派遣先に着くと体調が悪くなります。
おかしいな、ストレス溜まるほどの仕事はしていないぞ。
決算処理はあるけど、まだ先の話。
下準備すら出来ない状態です。
ま、何処の会社も同じでしょうが。
故に穏やかな状態が続いているのですが、体調が悪くなります。
おかしいな。
身に覚えがないだけに、不思議です。
ストレス溜まっていたのかなぁ。
 
 
で、明日は休みなので、しっかり休息します。
身体が資本なので。

シンプルにしてみた

今月より2GBコースとなった私。
でも先月などはちょっとだけオーバー。
なんだかんだで使っていたらしい。
でも、5GBじゃ多すぎるし。
繰越にも限度がある。
だから2GBにしたのだけど。
さて、どういう使い方をすれば収まるのかな。
まだ3日目なので、探り探りの状態。
取り敢えずはモバイル通信をオフ(全てじゃないよ)にして、余分なアプリも削除して。
メルチェすら自宅まで我慢。
こんな調子でひと月頑張る予定。
写真の加工ぐらいはオフラインでも出来るし、移動中の読書も悪くない。
ついでに不要なアプリを削除したので、スッキリした気分。
あとは継続させるのみ。
…半年持つかしら?(-。-;
 

月曜から人身事故

洒落にならない。

そう思った。

朝いつものようにツムツムをしていたら、いきなり運転見合せの報せが飛び込んできたからだ。

幸い、時間に余裕はある。

到着予定時間を入力した上で、別ルートの検索をする。

なるほど、その手があるか。

私が考えていたルートとは少し違う、乗り換えの多いルートが提示される。

然も所用時間が短い。

コレは把握しておいて損はない。

などと呟いていたら、運転再開の報せ。

ま、ダイヤは乱れているから早目に家を出よう。

それにしても、月曜から人身事故とは。

iPhoneから送信

別れは突然に。

悲しい報せは突然届く。

好きだった番組が次々に終わっていき、時にはギリギリまでその事実が伏せられている。

心の準備もないまま迎えるその報せに、立ち直れないほどの衝撃を覚えながら。

今年は三度、そういう経験をした。

大人の事情があるとはわかっていても、遣り切れない。

きっとあなたもそうでしょう?

前向きに捉えたくとも捉えられない。

陰鬱な気持ちが身体を駆け回る。

でも。

何かを手放すことで手に入れるものがある。

それが何かはわからないけど、あの人もきっと何かを手に入れる。

それは私たちには見えないかもしれない。

けれど、静かに熟成し、いつか花が開くとしたらそれが一番じゃないか。

そう思うことで悲しみを紛らわす。

そうじゃなければ悲しすぎる。

私は何を手放せるだろうか。

四月の足音が聞こえてくる。

新しい何かを得る為にも、古い何かを脱ぎ捨てなければ。

iPhoneから送信

税務署からの電話

所轄の税務署より電話が入ると、内心ドキリとする。
正直身に覚えがないし、税務処理の一部を担当しているとはいえ、あくまで私はパートの身だ。
責任ある仕事を任されている訳ではない。
尤も、必要とあれば直接連絡はする。
用紙の書き方とか条文の解釈、その他諸々のことを問い合わせたことはある。
けれど、相手からの連絡となれば話は別。
何かマズイ処理をしてしまったのか?と一瞬縮こまるのだ。
そんな訳で、恐る恐る電話に出る。
要件は以前提出した書類に関するもので、結論から言えば「ちょっとした指導」だった。
それも悪くない方の。
「××は○○の文言がないので課税文書には該当しません。」
わざわざこのことを伝える為だけに電話をしてきたのである。
この瞬間、全身の力が抜けたのはいうまでもない。
てっきり「お叱りの電話」とばかり思っていたので。
その後、担当者の名前と受信した日時、指導された内容等をきちんとメモ書きしたのはいうまでもない。
それにしても良い勉強をさせてもらいましたわ。

衝動

多分私だけだと思うが、無性に初期化したい夜がある。
それもまっさらな状態に。
バックアップは残している。
復元も可能だ。
でも、時間がかかる。
だから、まっさら。
アプリも標準だけ。
壁紙もデフォルトのまま。
スッキリした気持ちで新たなスタートを切る。
素敵なことじゃないか。
 
ま、後始末を考えると非常に面倒。
パズドラにLINE、Facebook
これらの設定を考えただけでクラクラする。
だかは、今日は我慢。
せいぜいアプリを整理するだけ。
 
で、今の望みは溜まり過ぎた画像の整理。
実はコイツが厄介なのよね。

そして、回覧板は止まる

金曜日の夜、隣家の門柱に置かれている回覧板を見た。
きっと隣人は不在だったのだろう。
早ければ今夜辺り、回覧板が回ってくる。
そんなことを思った。
 
月曜日の夜、回覧板は未だ回ってこない。
抜かされた訳ではない。
何らかの事情で止まってしまったのだ。
それが何かはわからない。
少なくとも誰かが家の中に持ち帰った筈だ。
私自身、今日まで忘れていた。
この様子だと、手元に来るのは早くても週末だろう。
それはそれで構わないけど。