AirPodsが届きました

iPhone7に機種変更して、不便になったこと。
それはイヤホンジャックが廃止されたこと。
充電しながらイヤホンで音楽を楽しむことは出来なくなったし、お気に入りのイヤホンも使えなくなった。
厳密には使えるけど、アダプタを装着する気にはなれない…。
で。
買いましたよ、AirPods。
iPhoneを売却した代金もあったし、だったら買ってみましょう…と考えた次第。
当初は今月中旬に届く予定だったが、大晦日になってから届いたメールには2日に届く旨が。
お、早くなったじゃん。
しかも新年早々。
時間指定が出来ないので、外出時に届いたら面倒だなと思っていたけど、何とか在宅中に配達して貰えた。
さて、肝心の使い勝手。
何故か右だけが充電切れで、慌ててケースに戻した私。
おいおい、すぐに使えるのがウリじゃないのか。
少しムッとしてしまったが、10分もしないうちに充電完了したので一安心。
改めてイヤホンを装着、音を楽しんだ次第。
既にレビュー等で確認済だが、蓋を開けただけで接続可能な点は本当に有難い。
専らPodcastを聴く為に購入したので音質云々には言及出来ないが、少なくとも自宅で使う分には紛失の心配はなさそう。
思った以上に外れないよ。
一時停止もイヤホンを外すだけだと言われているし、一度使い始めたら手放せない予感がする。
ただ、移動中に使うのは不安があるけど。
私の場合、家族がいる時に使うことが多いので、ちょっと何かを聴きたい時に活躍しそう。
決して安くはないけど、買って正解だったわ。
満足度はかなり高いです。

ロック画面を変えてみた

老眼故、iPhoneの表示を「拡大」にした私。
全体的に文字が大きくなり、メールも読みやすくなった。
流石に全てのwebサイトが対応しているとは言えないものの、以前に比べれば負担が軽減されているのは言うまでもない。
尤も、最近は目の調子が良いらしく、老眼鏡をかける機会は皆無に近い。
余程細かな文字で書かれた書類でない限りは裸眼で対処出来るのだ。
同様の理由で、近視鏡もかけていない。
一応、持ち歩いてはいるのだけどね。
そんな私の専らの悩み。
それはiPhone用のロック画面だ。
出来れば好みの画像を用いたい所ではあるが、肝心の時刻が読めなくては意味がない。
時刻ぐらい時計を見れば…と思われるかもしれないが、時折時計を忘れてしまう私にとってロック画面に表示される時刻表示は必要不可欠なのだ。
それ故、折角ダウンロードした待受画像も設置出来ずにいる。
だからといって、デフォルトの画像を用いる気にもなれないし。
さて、どうしたものか。
そんな折、一枚の画像が私の悩みを解決してくれた。
それは雑誌をスキャンした上でiPhoneに読み込ませたもの。
たまたま髪の毛の部分が時刻表示の部分に重なり、結果的には非常に読みやすい状態となっていたのだ。
有難いことに髪の色もダークで、白い文字との相性は抜群。
美しい顔立ちも潰されることなく、画面を見る度うっとりすることが出来る。
ま、現実には各種通知で隠されることが多いのだけど。
因みに待受画像は(多少ごちゃごちゃしていても支障がないので)ダウンロードしたものを大切に使っている。
こういうイメージなのかな…と苦々しく思う部分もあるが、多かれ少なかれ私たちは「色眼鏡」越しで物事を見るものだから。

残金2千円。

残金2千円。
今日現在の私の状況だ。
厳密には、万一に備えて残してある資金はある。
財布の中で眠っている。
けれど、それに手を出すのは違うと感じている。
だから、残金2千円。
銀行口座の残高は別。
引き落とし用の資金に加え、やはり予備費を残している。
当然、引き出す予定はない。
では、どうするか。
給料日までおとなしくするしかない。
因みに、私の場合は月末だ。
あと10日以上もある。
幸い、スーパーでの買い物にはカードがある。
日常生活には支障がない。
それ以外でもカードは使えるが、こちらは自粛すれば済む話。
ま、殆どが書籍かCD、Blu-rayなので、既に予約済みのもの以外はしばらくお休みだ。
というのも、たまたま発売日が集中したお陰で、ここひと月のBlu-ray購入費がとんでもないことになっている。
新作はともかく、旧作を買うのはしばし我慢。
状況が落ち着いたら、改めて検討しよう。
そんなことを最近考えている。
年末というのに、寂しい話だ。

さて、パスワードをどうしようか。

私にとっては切実な問題なのだが、定期的にパスワードの変更を求められる某サービスが苦手だ。

その性質上、定期的に変更しなければならないことは理解しているものの、文字数の制限は言うまでもなく、英文字・数字・記号の全てを使えと言うから、頭が痛い。

と言うか、そんなの覚えられませんけど?(素)

ランダムに作る方法も知ってはいるが、己の馬鹿さ加減を知っているので、それも出来ず。

余談だが、4桁の暗証番号を山の標高にしていた人を知っている。

なるほど、これならバレにくいだろう。

但し、どの山の標高で設定したのかを覚えていたならば…の話。

そう、その人は完全に忘れていた。

ロックされたキャッシュカードのその後を私は知らないが、さぞかし面倒な手続きを踏んだことだろう。

そうした現場に遭遇してしまったこともあり、無意味なパスワードは怖くて設定出来ない。

悩んだ挙句、私なりのルールを決める。

ある特定の数字と、ある特定の記号を必ず取り入れること。

ただそれだけのことで、気持ちはとても楽になった。

英文字だけ考えれば良いのだが、その時の気分で英単語の時もあれば、ローマ字表記のこともある。

数字との組み合わせ方もその時の気分次第。

それでも、どうにか記憶は出来る。

現在の悩みは次に使う英文字をどうするべきか。

ついでに数字も変更したいし、記号も変えたい。

馬鹿な私でも印象に残る数字が何処かにないものか。

あ、「1Q84」という手もあったな。

(実際に使っている人は少なくないとみた)

iPhoneから送信

iPhoneから送信

楽しい時間でした。

何度か書いた記憶があるけど、基本真っ新な状態でライブに行くのが好き。
大抵の場合、最新アルバムを聴き込めば楽しめるとわかっているけど、それをしない。
昔は発売日前にライブがあったこともザラだったし。
当然、何を演奏したのかわからないことが多かったけど、それが楽しいと思えた。
こういう奴がアイドルのコンサートに足を運んだ。
流石に前日にはアルバムを一通り聴いていたけど、チケットが取れなかった時点で聴く気になれなかったから。(チケットの入手が確定したのはコンサートの二日前だ)
殆どのファンがじっくり聴いていることを思うと、我ながら大胆だなと思った。
でも、大丈夫。
白紙の人間でも楽しめる構成にしている筈。
だって、そこは夢の世界だから。
 
 
正直、全体を見渡すには厳しい席だった。
それでも私は満足したし、このひと時を過ごせたことに感謝していた。
アルバムで聴いた時の印象と、実際のコンサートで聴いた時の印象がこんなに違うとは!
改めて聴き直したら、また違う光景が浮かぶのだろう。
殆ど白紙で行ったコンサートだけど、想像以上に素晴らしくて、そりゃチケット争奪戦になるなと感心する。
来年のことはわからないけど、出来ればあの場所に戻りたいと思う。
出来れば、アリーナ席でね。

楽天ミュージックに登録してみた

新しいサービスを試すのは嫌いじゃない。
いきなり課金する度胸まではないけど、お試し期間があるサービスなら取り敢えずは試したい。
そんな私の好奇心を刺激したのが楽天ミュージック。
月額料金は決して安くはないが、それに見合った楽曲が配信されるなら利用しても良いかなと考えていた。
幸い、トライアル期間は30日。
使い倒すには充分過ぎる。
ところが、だ。
いざ楽曲を検索すると予想以上に少ないのだ。
この手のサービスに望むのは日本のフュージョンが充実していること。
AppleMusicにはそれがあるが、楽天ミュージックにはなかった。
正直、がっかりだった。
そんな訳で、僅か1日で解約してしまった。
我ながら早過ぎる決断だが、後悔はしていない。

振込用紙が届かない。

会報の発送が始まっているらしい。

既に手元に届いた人も少なからずいるらしい。

羨ましい話だ。

これまでの経験上、私の手元に届くのはかなり遅い。

1週間後ぐらいじゃないだろうか。

馬鹿にするな…といいたいところだが、数が数だけに仕方がないのだろう。

それにしても、だ。

私は確か1月が更新月

噂によれば、振込用紙入りの会報は早い段階で届くとか。

期待していたんだけどな。

流石に苛つくよ。

…と、ここまで書いて気付く。

ギリギリまで待っても届かない時にはクレームを入れることが可能なのだ、と。

電話はちと面倒だが、メールがあれば思う存分書き込むことが出来る。

言葉は丁寧に、嫌味をたっぷりと。

考えただけでワクワクする。

そんな歪んだ願望を抱えたまま、私は未着の会報を待つ。

さて、今から問い合わせ先を調べておきますか。、

iPhoneから送信