読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

別れは突然に。

悲しい報せは突然届く。

好きだった番組が次々に終わっていき、時にはギリギリまでその事実が伏せられている。

心の準備もないまま迎えるその報せに、立ち直れないほどの衝撃を覚えながら。

今年は三度、そういう経験をした。

大人の事情があるとはわかっていても、遣り切れない。

きっとあなたもそうでしょう?

前向きに捉えたくとも捉えられない。

陰鬱な気持ちが身体を駆け回る。

でも。

何かを手放すことで手に入れるものがある。

それが何かはわからないけど、あの人もきっと何かを手に入れる。

それは私たちには見えないかもしれない。

けれど、静かに熟成し、いつか花が開くとしたらそれが一番じゃないか。

そう思うことで悲しみを紛らわす。

そうじゃなければ悲しすぎる。

私は何を手放せるだろうか。

四月の足音が聞こえてくる。

新しい何かを得る為にも、古い何かを脱ぎ捨てなければ。

iPhoneから送信

税務署からの電話

所轄の税務署より電話が入ると、内心ドキリとする。
正直身に覚えがないし、税務処理の一部を担当しているとはいえ、あくまで私はパートの身だ。
責任ある仕事を任されている訳ではない。
尤も、必要とあれば直接連絡はする。
用紙の書き方とか条文の解釈、その他諸々のことを問い合わせたことはある。
けれど、相手からの連絡となれば話は別。
何かマズイ処理をしてしまったのか?と一瞬縮こまるのだ。
そんな訳で、恐る恐る電話に出る。
要件は以前提出した書類に関するもので、結論から言えば「ちょっとした指導」だった。
それも悪くない方の。
「××は○○の文言がないので課税文書には該当しません。」
わざわざこのことを伝える為だけに電話をしてきたのである。
この瞬間、全身の力が抜けたのはいうまでもない。
てっきり「お叱りの電話」とばかり思っていたので。
その後、担当者の名前と受信した日時、指導された内容等をきちんとメモ書きしたのはいうまでもない。
それにしても良い勉強をさせてもらいましたわ。

衝動

多分私だけだと思うが、無性に初期化したい夜がある。
それもまっさらな状態に。
バックアップは残している。
復元も可能だ。
でも、時間がかかる。
だから、まっさら。
アプリも標準だけ。
壁紙もデフォルトのまま。
スッキリした気持ちで新たなスタートを切る。
素敵なことじゃないか。
 
ま、後始末を考えると非常に面倒。
パズドラにLINE、Facebook
これらの設定を考えただけでクラクラする。
だかは、今日は我慢。
せいぜいアプリを整理するだけ。
 
で、今の望みは溜まり過ぎた画像の整理。
実はコイツが厄介なのよね。

そして、回覧板は止まる

金曜日の夜、隣家の門柱に置かれている回覧板を見た。
きっと隣人は不在だったのだろう。
早ければ今夜辺り、回覧板が回ってくる。
そんなことを思った。
 
月曜日の夜、回覧板は未だ回ってこない。
抜かされた訳ではない。
何らかの事情で止まってしまったのだ。
それが何かはわからない。
少なくとも誰かが家の中に持ち帰った筈だ。
私自身、今日まで忘れていた。
この様子だと、手元に来るのは早くても週末だろう。
それはそれで構わないけど。

今更連絡先と言われても。

旧友から電話があった。
思うところあって距離を置いていたが、そのことを知ってか知らずかこちらの連絡先を聞いてきた。
正直面倒だと思ったが、相手の気持ちもわかるので伝えることにした。
どうせ会うこともないし、連絡とて来ることはないだろう。
事実、他の仲間にも私の連絡先を伝えたようだが、その後一切の反応はない。
今更連絡を取る気はない…と言うのが本音か。
因みに、こちらのメールアドレスは敢えてキャリアメールのアドレスにした。
いざとなったら変更可能だし、殆ど利用していないし。
これで良いのだ、と呟く自分がいる。

ハンドクリーム効果

重い腰を上げ、近所のドラッグストアで購入したハンドクリーム。
正直手荒れには悩まされていないが、何故か指先だけカサカサ。
化粧水をつけることで改善された時もあったが、今回はそれでも駄目。
クリームを塗り込んでも駄目。
止む無くハンドクリームを購入することにした次第。
でも、悩むね。
種類が多過ぎる。
取り敢えず購入したのはスヌーピーがデザインされた代物。
メーカーすら覚えていない。
これを適当につけているが、今のところは効果絶大。
手の甲もふっくらしているし、指先もカサカサしない。
油分を補えているのだ、と勝手に思い込む。
いや、真面目な話カサカサな指先では仕事もやりにくい。
意外と紙に触ることが多く、めくる時に苦慮していたのだ。
それが改善されただけでも私は嬉しい。
例年春先にカサつくので、しばらくの間は続けてみよう。

iPhoneがフリーズ

それは今朝の出来事である。
iPhoneにてTwitterを立ち上げていた時、異変が発生する。
本体が動かなくなったのだ。
アプリを終了することはおろか、再起動すら出来ない。
まさにフリーズ。
このままでは埒が明かない。
仕方なく電源ボタンを押し続けていたら、漸くiPhoneが再起動。
ところが、厄介なのはこの後だった。
一度Appleマークが表示され、プログラムを読み込み出したまでは良かったが、いつまで待っても画面が変わらない。
真っ暗なままだ。
当然、電源ボタンを押しても動かない。
恐らく故障ではないだろうけど、ここまで来たらDoCoMoショップに行くしかない。
覚悟を決めた私は身支度を整え、開店時間を待つことに。
因みに、AppleStoreの営業時間は午後10時から。
どうせ待たされることを思えば、近場のDoCoMoショップに飛び込むのが無難だろう。
とはいえ、開店までにまだ1時間以上もある。
それまでの間、出来るだけのことは試してみよう。
手始めにMacと繋いでみる。
結論から言えば、何も出来ない。
何しろiPhone側で応答することが出来ないのだから。
次に電源ボタンを押し続ける。
やはり変化なし。
だったら…と縋る思いでGoogle検索。
有用な情報は何一つ出てこない。
ちょっとしたことで解決する筈のトラブルなんだけど…と思いつつ、今度はほぼ全てのボタン(ボリュームボタンと電源ボタン)を押してみる。
漸く再起動が開始され、しばらくしてロック解除画面が表示された。
やれやれ。
最悪の事態を覚悟していただけに、心底安堵したのは言うまでもない。
ということで、いつか訪れるかもしれないトラブルに備え、備忘録代わりに書き記しておく。
勿論、こんな事態に陥らないのが一番なのだが。