勘違い野郎はサブアカウントで対応。

SNSの使い方は人それぞれで、情報収集の為のツールとして割り切った使い方は当然ありだと思う。
Facebook然り。
Twitter然り。
自分から発信することは稀であり、一部ブログの更新情報を流すことはあっても、個人的な情報(今何をしているか等)を流すことはまずない。
余程気の向いた時に「今聴いている曲はこれです」といったツイートを流すことはあるが、それ以上のことは流す予定はない。
というか、言いたいことがあるならブログのネタにするし、ほんの呟き程度であればMy365への投稿で十分事足りている。
そんな私であるから、フォローする相手も「有用な情報を流している人」が中心。
頻繁にチェックすることはないものの、それこそ時間のある時にまとめて読ませていただいている。
ところが、中には何か勘違いをしている輩がいるらしく、それこそ問答無用でブロックされたことがある。
念には念を入れたのだろう、リストに登録したくとも「許可されていません」と冷たく拒絶。
おいおい、私が何をしたというんだ?と突っ込みたい気持ちをぐっと抑え、サブアカウントのリストに放り込んだ。
ツイートそのものならメインアカウントからも閲覧できるようだが、一々「許可されていません」なるメッセージを見かけるのも不愉快だし、そもそもパソコンにはサブアカウントでログインしている。(iPhoneメインアカウントが中心)
週に一度、リストを眺めれば済むかと思うと気が楽である。(勿論、リストそのものは非公開)
因みに私自身はブロックリストを活用していない。
というか、利用する必要もないね。
フォローするのは自由だけど、こちらから発信する情報は皆無に近いのだから。