限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

病は気から。

腰痛に悩まされた1週間だった。

異変を感じたのは先々週の木曜日で、あまりの痛みに寝返りすら打てない状態だった。

それでも金曜日はどうにか仕事をこなすことが出来、翌日からの4連休(私は火曜日が休日なので)はじっくり静養することにした。

といっても全く動かない訳にもいかず、日曜日以降はちょくちょく外出はしていた。

痛みのピークは過ぎていたものの、相変わらず寝返りは打てず。

それでもドラッグストアで購入したフェイタスのお蔭で、先週の水曜日にはどうにか歩ける状態にまで回復した。(それまでは腰をかばいながらの歩行だった為、非常に見苦しい状態だった)

さて、先週の金曜日の話だ。

ミーハーな私は某ショップで新しい写真が入荷されたとの情報を入手し、仕事帰りに立ち寄ることを決意した。

腰の調子はまだ万全ではなかったが、平日の夜であれば恐らく空いているだろうと考えたのだ。

案の定、店内にいる客はさほど多くはなかった。

多くはなかったものの、それでも結構な人数が写真の前に立ちはだかっていた。

時間が時間だけに、手早く目的の写真を選び、さっさと会計を済ませる。

この時はまだ腰に痛みが残っていたが、無事に会計を済ませ、店を出た辺りから「奇跡」は始まった。

無意識のうちに「早く帰らなくては」と思っていたのだろう、気付いた時にはかなりの速足で地下鉄の駅に向かう自分がいた。

痛む腰をかばうこともなく、それこそ何事もなかったかのように。

残念ながら、痛みが完全に消えた訳ではない。

少し油断すると痛みが走るし、無理は禁物と自身にも言い聞かせている。

それでも、某アイドルの写真を買う為だけに寄り道したお蔭で私の腰は劇的に回復したし、今では普通に寝返りを打つことも出来る。

「病は気から」とよく言われるが、あながち間違えではないようだ。