読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

幸せなひと時。

今更だけど、先日の京セラドームの話を少しだけ。
ライブそのものにはとても満足したし、また行きたいと思ったことは何処かのブログ(!)に書いた。
実はネタバレサイト等によってセットリストをチェックしていたが、そんなことなどすっかり忘れていた。
ただ一曲だけ、「今は聴きたくない」と思った曲があったけれど。
さて、次から次へと曲が流れている中で、あるイントロが聴こえてきた。
特別な思い入れなど、何一つない。
ああ、あの曲ね…と呟く程度の曲だったのだが、不思議なことにこみ上げるものがあった。
心当たりはまるでなく、何故涙が溢れたのかは未だにわからない。
ただ、とても満ち足りた気持ちに包まれていた。
それだけ彼らの歌い方に説得力があったのだろうし、その世界観にどっぷり浸ることが出来た私は幸せな人間だ。
こうして大切な曲が、また一つ増えた。
そんな余韻に浸る間もなく、問題の曲が流れてくる。
これまでとは違った感情が私の中には溢れ、心の底から「この曲が聴けて良かった」と思えた。
きっと私の中で「何か」が変わったのだろう。
具体的には言えないけれど、この日を境に一歩踏み出せそうな気がした。
本当に素晴らしいひと時だった。
来年もまた、あなたに逢いに行くね。