限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

メンバーカラーは好きですか。

アイドル好きの皆さん、こんにちは。
曲がりなりにも某アイドルグループを応援している、しゅうかです。
今回は多くのグループにて採用されている、メンバーカラーについてお話しようと思います。
因みに、私の場合はブルー。
イメージとしては深海のブルーでしょうか。
(あくまで私個人のイメージです)

さて、ここからが本題ですが、みなさんの周りにはメンバーカラーが集まっていますか。
仮にメンバーカラーがレッドであれば赤い小物が増えてきたとか。
イエローであれば、無意識のうちに黄色を手にしているとか。
私自身は寒色系が苦手(パーソナルカラー診断を受けた際にも「寒色系よりも暖色系」と言われています)なせいか、それほどブルーの比率は高くありません。
決して嫌いな色ではないのですが、余程意識しない限りは手にしない色ではあります。
当然、心理テスト等で「どの色を選びますか」と問われた際もその時々で気になる色を選びます。
「メンバーカラーがブルーだから、どんな時でもブルー」とはならないのです。
ところが、大半のファンのみなさんは反射的にメンバーカラーを選ぶそうな。
「あの人のメンバーカラーはレッドだけど、実は私、レッドが苦手」といった意識は皆無に近いのでしょうか。
それとも「もともとレッドが好き」だから「メンバーカラーがレッド」の人を選ぶのかしら。
偶然そうなったケースは存在するでしょうけど、正直この仮説には全く根拠がないし、そこまで人間が単純とは思えない私がいます。
中には「その人のイメージにぴったり」なメンバーカラーを持つ人もおられますが、恐らく設定する側はそこまで考えてはいますまい。
始めに色ありきな訳で、そこから適当に選んでいるのではないでしょうか。
勿論そこには戦略があり、中心的な人物には“あの色”を選ぶでしょうし、そこは戦隊ヒーローに似た演出が隠れているように思います。
逆に言えば、“あの色”を与えられた人は特定のイメージを守ることが要求されるわけで、その他の色に関しても同様。
「一人の人間」である前に「一人の商品」であることを求められているのです。
であれば、その色に惹かれる人がその人に群がることは必然ともいえます。
何しろ「その色」に象徴されるイメージを重ねて対象を見ているのですから。
そう考えると、それぞれのお気に入りが纏うメンバーカラーを積極的に取り入れることも理解出来ます。
(念の為に書き添えると、この仮説にも一切の根拠はございません)

それにしても何故、今更ながらメンバーカラーについて考えたのかといえば、つい先日LINE DECOでiPhoneのホーム画面をカスタマイズしていたから。
最初はメンバーカラーである「ブルー」を選ぶ予定でいましたが、実際に選んだのは「淡いピンク」。
幾つかパターンがあったせいでもありますが、自分としても「落ち着く配色」がそれだったのです。
奇しくも現在使用しているiPhoneカバーもピンク。
どうやら今の自分に必要なのは「優しい色味」のようです。