限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

iPhoneケースに一工夫を。

お気に入りのiPhoneカバーの一つに、好きな写真を入れることが可能な、透明ケースがある。
たまたま手元にあった銀色の厚紙に、たまたま余っていた(と書くと語弊があるが、間違って同じ写真を2枚買ってしまっただけ)公式写真を適当に切り抜いたものを現在は挿入している。
本当は銀紙だけでも十分なのだが、あまりにぎらぎらしていて、それならば…と公式写真を入れた次第。
とはいえ、他にも入れてみたい写真はある。
例えば「あの写真」も嫌いじゃないし、「あの写真」も妙に可愛い。
どの写真も捨て難いが、だからといって「iPhoneカバー用に」もう一枚買う気にはなれない。
たまたま同じ写真が二枚もあるから活用しただけなのだ。
ということで、私は考えた。
あくまで自分用に(というかiPhoneケース用に)お気に入りの写真を印刷してしまおうではないか、と。
決してほめられた話ではないし、本来ならやるべきではないことだろうが、所詮家庭用のプリンター。
発色も悪いし、用紙とて安っぽいのだ。(ケース用に切断するには丁度良い)
見る人が見ればその劣悪さは一目瞭然。
あくまで一個人の楽しみとしての活用法だ。
ということで、現在どの写真にするか物色中。
尤も、飽きっぽい私のこと。
実際に行動するか否かは神のみぞ知る。