16GBのiPhone

アプリをインストールするなら32GBがいいですよ。
そうアドバイスしてくれたのは、auショップの販売員だった。
彼女曰く、音楽ファイルであれば幾らでも削除出来る。
けれど、一度同期したアプリはそう簡単に削除出来ない、と。
そういうものか…と思った私は32GBを選んだが、2台目となるiPhone5では16GBを選んでいる。
最初の頃は思った以上に少ない容量に悲鳴を上げたものだ。
アレも入れたい、コレも入れたい…と欲張った挙句、空き容量が1GBを切ったことが何度あったことか。
その後、旦那が入手した32GBのiPhoneと一時的に交換したが、思うところあって、再び16GBに。
内心不安はあったが、どうにかなると考えていた。
ところが、いざ切り替えてしまうと思った以上にすっきり。
標準アプリの使い勝手が思いの他良いこともあり、「本当に使いたいアプリ」が案外少ないことに気付いたこともある。
例えば、メモ帳アプリ。
好奇心の赴くままに複数のアプリをインストールしたものの、その大半は一度も立ち上げていない。
メモ帳だけではない。
画像加工用のアプリもそうだし、アドレス帳関連も同様。
だったら、一旦クリアにしよう…と思い、現在に至る。
「あ、これ使いたいな」と思えばインストールするものの、「やっぱいらない」となればあっさり削除。
こうした作業の繰り返しで、現在の空き容量は何と6GB以上!
やれば出来るじゃん…と自分でも驚いている。
とはいえ、時には好奇心の赴くままにアプリを入れることがある。
もしかして使い勝手が良いかも…と期待した上での行動だが、最終的には「いらない」と言わんばかりにさっさと削除。
以前の私なら「いつか使うかも…」と言い訳しつつ残していたのに。
そんな訳で、次に買い換える際も16GBにしようと密かに決めている私。
尤も、16GBが廃止されるといった噂も出ているのだが。