限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

貴女は何様ですか。

貴女は何様ですか。
勝手に妄想を広げて、そのイメージから一ミリでも離れてしまうと声高に批判を始める。
その人の愛した人が自分の望む人ではないからといって、自覚が足りないだの、ファンを馬鹿にしているだのと言い出す。
挙句、ファン向けに販売された商品の一部に、その人が愛した人のペットが描かれていたと嘆く。
…馬鹿じゃないの?
そりゃ、私生活を一切見せず、夢だけを与えてくれる人は魅力的です。
プロ意識が高い、とも言えます。
でも、その人にそれを求めますか?
少し無防備過ぎるのでは?と心配になる程の危うさが彼の魅力じゃないですか?
勿論、これも妄想です。
けれど、少なくとも人間味の溢れる人でいて欲しいと思っていますし、実際そういう人ではないかと。
その人が幸せであれば、それが一番ではないでしょうか。