限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

クリアファイル

某CDショップで、CDを購入する。
以前より気にはなっていたが、正直iTunesStoreで購入すべきか否かで悩んでいた。
因みに、iTunesStoreの方が若干安い。
iPhoneと同期させる手間も省け、私的にはその方が有難い。
それでも購入を躊躇ったのは、他にも欲しい音源があるから。
優先順位をつけきれず、今日に至っていた。
さて、今回購入したのは神保彰氏のカバーアルバム。
カバーと言っても、今流行りのJ-POP系のカバーとは違う。
今回はカシオペア時代に作曲した曲をセルフカバーするというのだ。
かつてのカシオペアファンとしては、これは「買い」でしょう。
同時期に発表されたオリジナルアルバムにも興味はあったものの、予算の関係上今回は一枚のみ。
近い将来、そちらの方も購入したいものだ。
ところで、このCDを購入することに躊躇した理由は価格だけではない。
実は購入特典としてクリアファイルがついてきたのだ。
これがビジュアル重視のアイドルモノで、かつ自分がそのアイドルに夢中になっていたなら、積極的にCDを購入する。
何しろその商品は非売品であり、このチャンスを逃せば二度とは手に入らない可能性が高いので。
というか、わざわざオークション等で買う価値があるかといえば話は別だからね。
しかし、私が好きなフュージョン系となれば話は別だ。
確かに神保彰氏は男前だし、若かりし頃は若かりし頃なりに、年齢を重ねた今は年齢を重ねたなりに魅力的な風貌をしている。
それは否定しない。
ただ、大半のファンがそうであるように、正直ビジュアルなどどうでも良い。
ジャケット写真がそのままプリントされたクリアファイルを眺めながら、果たしてこれをどうするべきだろうかと私は頭を抱える。
普段使いにするにしても、何となく気恥ずかしい。
ファンの皆さん、あなたならどうなさいますか。