限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

迷惑メールに思う。

これまで様々な種類の迷惑メールを受信してきたが、不思議なことに芸能人の名を騙るメールとは殆ど無縁だ。
記憶違いでなければ、その手のメールが届いたのはたった一度。
それも「国王福山」を名乗っていた。
流石に本人ではないことは明白であり、そのまま放置していたところ、今度はマネージャーの名を騙るメールが。
随分と手が込んでいるなと感心したものの、相手にするだけ馬鹿馬鹿しいのでさっさとアドレスを変更したのを覚えている。
お陰様で、それ以後芸能人の名を騙ったメールは届いていない。
少しだけ寂しい気もするが、届いたところで苛立ちが募るだけだろう。
さて、ここ数日の間「明らかに怪しいメール」が立て続けに舞い込んでいる。
件名を眺めるだけでも日本語の不自然さが目立ち、どうやら外国の業者が機械的に送付している様子。
もしかしたら「あの国」かな?と思いつつも、せっせと迷惑フォルダに振り分ける日々。
そんな中、極めて不可解なメールが先日届いた。
差出人はDoCoMo。
データ使用量が6GBを超えている為、そろそろデータの上限に達するというのだ。
一瞬、そりゃ大変だと思ったものの、冷静に考えると不自然な点が幾つも。
まずDoCoMoとの契約は最低ラインの2GB。
DoCoMo側からは最低でも5GBにすれば?と言われたようだが、料金負担を軽くする為2GBに設定した記憶がある。
次に、問題のメールが届いたのは「Softbankの」メールアドレス。
DoCoMoユーザーであれば「@docomo.ne.jp」だが、当該アドレスは「@i.softbank.jp」。
現実にはあり得ない話である。
幾ら相手が機械とはいえ、あまりにも初歩的過ぎるミス。
せめてSoftbankを名乗ってくれよ…と思わず苦笑いしたのは言うまでもない。