赤VS黒…?

2年半前、旦那がスマホの契約をした時の話。
細かなことは知らないものの、割引の条件としてスマートテレビを契約した。
当然、月々の通信費が発生するが、旦那は何故か気付かず。
その後、スマホはキャリアを変更。
スマートテレビが残った。
さて、諸事情により携帯料金をコンビニ払いに切り替えた旦那。
身に覚えのない番号に気付き、販売店で確認する。
その時初めてスマートテレビの通信費に気付き、解約をすることに。
ところが、販売店の対応が悪かった。
厳密には、他の販売店で聞いた話と食い違う点があった為、旦那が激昂したのだ。
正直、旦那にも非はある。
けれど、それを自覚出来ない。
おまけに中途半端に論理的だ。
心の中で、歪んだ決断×堅実タイプだなと分析する。
さて、頭に血が登った旦那はスマートテレビを契約した某家電量販店に。
販売員を捕まえ、溜まった不満をぶち開ける。
二年縛りのことなど知らなかったこと。
解約手数料が一万円近くかかること。
何より通信費が発生していたとは夢にも思わなかったこと。
たまたま対応した販売員がクレーム処理に長けていた様子。
詳細は知らないが、結果的には旦那は無事に解約することが出来た。
多分、解約手数料も払わなくてもよい形に落ち着いたのだろう。
こちらとしては情けない話だが、本人が満足ならそれも良いだろう。
ところで、何故タイトルが赤VS黒なのか。
実は旦那、解約手数料を惜しみ、後1年半も辛抱するのか…と真顔で言っていたのだ。
一方の私。
これまでの経緯もあり、解約手数料ぐらい惜しくないからさっさと解約しろ…と考えるタイプ。
タイミングを逃したのは自己責任。
でも、ズルズルと払い続ける方が気分が悪いじゃないか。
こういう時、協調タイプらしからぬ行動に出る。
私の中の黒が前面に出るのだろう。
そういう意味では「扱いやすい」のは多分赤。
黒気質の人がクレームをつけたら、色々な意味で厄介な気がしてきた。
その理由は敢えて書かないけどね。