読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いブルー。

基本、月曜日更新。

ロック画面を変えてみた

老眼故、iPhoneの表示を「拡大」にした私。
全体的に文字が大きくなり、メールも読みやすくなった。
流石に全てのwebサイトが対応しているとは言えないものの、以前に比べれば負担が軽減されているのは言うまでもない。
尤も、最近は目の調子が良いらしく、老眼鏡をかける機会は皆無に近い。
余程細かな文字で書かれた書類でない限りは裸眼で対処出来るのだ。
同様の理由で、近視鏡もかけていない。
一応、持ち歩いてはいるのだけどね。
そんな私の専らの悩み。
それはiPhone用のロック画面だ。
出来れば好みの画像を用いたい所ではあるが、肝心の時刻が読めなくては意味がない。
時刻ぐらい時計を見れば…と思われるかもしれないが、時折時計を忘れてしまう私にとってロック画面に表示される時刻表示は必要不可欠なのだ。
それ故、折角ダウンロードした待受画像も設置出来ずにいる。
だからといって、デフォルトの画像を用いる気にもなれないし。
さて、どうしたものか。
そんな折、一枚の画像が私の悩みを解決してくれた。
それは雑誌をスキャンした上でiPhoneに読み込ませたもの。
たまたま髪の毛の部分が時刻表示の部分に重なり、結果的には非常に読みやすい状態となっていたのだ。
有難いことに髪の色もダークで、白い文字との相性は抜群。
美しい顔立ちも潰されることなく、画面を見る度うっとりすることが出来る。
ま、現実には各種通知で隠されることが多いのだけど。
因みに待受画像は(多少ごちゃごちゃしていても支障がないので)ダウンロードしたものを大切に使っている。
こういうイメージなのかな…と苦々しく思う部分もあるが、多かれ少なかれ私たちは「色眼鏡」越しで物事を見るものだから。