iPhoneがフリーズ

それは今朝の出来事である。
iPhoneにてTwitterを立ち上げていた時、異変が発生する。
本体が動かなくなったのだ。
アプリを終了することはおろか、再起動すら出来ない。
まさにフリーズ。
このままでは埒が明かない。
仕方なく電源ボタンを押し続けていたら、漸くiPhoneが再起動。
ところが、厄介なのはこの後だった。
一度Appleマークが表示され、プログラムを読み込み出したまでは良かったが、いつまで待っても画面が変わらない。
真っ暗なままだ。
当然、電源ボタンを押しても動かない。
恐らく故障ではないだろうけど、ここまで来たらDoCoMoショップに行くしかない。
覚悟を決めた私は身支度を整え、開店時間を待つことに。
因みに、AppleStoreの営業時間は午後10時から。
どうせ待たされることを思えば、近場のDoCoMoショップに飛び込むのが無難だろう。
とはいえ、開店までにまだ1時間以上もある。
それまでの間、出来るだけのことは試してみよう。
手始めにMacと繋いでみる。
結論から言えば、何も出来ない。
何しろiPhone側で応答することが出来ないのだから。
次に電源ボタンを押し続ける。
やはり変化なし。
だったら…と縋る思いでGoogle検索。
有用な情報は何一つ出てこない。
ちょっとしたことで解決する筈のトラブルなんだけど…と思いつつ、今度はほぼ全てのボタン(ボリュームボタンと電源ボタン)を押してみる。
漸く再起動が開始され、しばらくしてロック解除画面が表示された。
やれやれ。
最悪の事態を覚悟していただけに、心底安堵したのは言うまでもない。
ということで、いつか訪れるかもしれないトラブルに備え、備忘録代わりに書き記しておく。
勿論、こんな事態に陥らないのが一番なのだが。